お知らせ

『運が99% 戦略は1% インド人の超発想法』

2016年6月6日掲載


著者の山田真美氏は、日印協会の理事でもあり、2015年にはインド工科大学(IIT)ハイデラバード校で客員教准教授として教壇に立たれている。

最初から最後まで目から鱗の話ばかり。
インド人にとって、99%は運を引き寄せるための戦略であって、占星術も超本気。

広大な大国インド、多種多様でバラエティに富んでいるインドとインド人について的確かつ公平に語られている。
これは著者が今まで多くのインド人と幅広く交流してきたからであり、また著者の優れた分析力、表現力の賜物だろう。
当のインド人たちも、もし英訳されたら「よく言ってくれた」と、また、その的確さに「インド人もびっくり」するだろう。

著者は講演しても執筆しても語り口は軽妙、それでいて内容は極めて濃く示唆に富んでいる。
今後の日印間の理解促進、それも人と人との関係をいかに深めていくか、そして日本人は今後どう生きるのかを考える上でも秀逸・必読の書である。