お知らせ

インドの感染者数がついにブラジルを抜いて世界第2位に

2020年9月7日掲載


 新型コロナウイルスの感染拡大が続くインドでは、累計の感染者が420万人を超え、ブラジルを上回って世界で2番目に多くなりました。また、亡くなった人は7万1642人で、アメリカ、ブラジルに次いで世界で3番目に多くなっています。

順位     国            感染者数      死亡者数
1位     米国           6,276,365          188,941
2位     インド      4,204,613       71,642
3位     ブラジル        4,137,521     126,650
なお第4位は、感染者数ではロシア(1,022,228)、死亡者数(67,558)ではメキシコです。 
(出所:アメリカのジョンズ・ホプキンス大学)

   一方で、7日からはおよそ半年ぶりに首都ニューデリーをはじめ主要都市で地下鉄の運転が再開されました。
  運転再開にあたっては、乗客にマスクの着用が義務づけられるほか、乗客の人数制限や、当面、朝と夕方の時間帯のみの運転とするなどの感染防止策がとられるということです。