日印関係最新情報

第61回インド共和国記念日に際しての挨拶

2011年1月25日掲載


                 公益財団法人 日印協会
                 代表理事・会長 森喜朗

第61回インド共和国記念日に際し、日印協会を代表して、インド政府と国民に対し心からの御挨拶を贈ります。
2010年は、国際社会におけるインドの政治的および経済的地位が向上し、また日印二国間の関係でもあらゆる面で関係が加速されたことは、喜ばしい限りでした。
特に記すべきは、昨年10月のマンモハン・シン首相の訪日は、日印包括的経済連携協定の合意を達成し、また「次の十年に向けての日印戦略的グローバル・パートナーシップに関する共同宣言」を発出したことです。
二国間においては、二つの象徴的に重要なプロジェクト、すなわちデリー・ムンバイ貨物専用新線の建設とデリー・ムンバイ産業大動脈構想(DMIC)が実施段階に入り、四つの日本企業グループが産業大動脈沿いにスマート・コミュニティーを建設するためのプロジェクトに取り掛かりました。インドは、引き続き我が国の最大の政府開発援助(ODA)のパートナーであり、我が国と協力して、電力や運輸面でのインフラ建設、貧困改善策、植林から上下水道にわたる環境プロジェクトなどを推進しております。デリーに加え、バンガロール、チェンナイ、コルカタでの都市交通メトロ・プロジェクトも、顕著な成功を収めています。日本企業のインド進出もめざましく、2010年10月現在、インド全土に進出する日本企業は725社に上りました。
ますます多くのインド人ビジネス関係者やその家族が日本を訪れ、滞在するようになりました。いくつかのインド企業は、日本ビジネスの中心である丸の内に進出いたしました。インド料理のレストランは、大きな町では急速に増えています。日印協会は、東京の東、江東区にあるインド人学校の新しい校舎への移転に協力いたしたことを誇りに思っております。
科学技術分野の協力にも、新たな機運が出ております。文化や人の交流も、拡大し深化しています。アンドラ・プラデシュ州の州都ハイデラバードでのインド工科大学(IIT)建設の計画も進行中です。中世インドにおいて仏教界で宗教・文化の中心であったナーランダ大学の復興計画も、準備されております。
国際場裏においては、日印両国は、核軍縮、大量破壊兵器の不拡散、気候変動、国連安全保障理事会の改革等のグローバルな問題について、協力して貢献しております。
日印協会は、栄えある108年の歴史を背景に、昨年10月には新たに施行された法令に従って公益財団法人へと衣替えをしましたが、今後とも我々にとって重要な日印関係のさらなる発展のために貢献する覚悟です。
このお目出度い機会に際し、すでにして良好な日印関係が更に両国民のために役立つものになるよう、また偉大な両国が国際社会の平和と繁栄に貢献することを祈念いたします。

On the occasion of the 61st Republic Day of India, I am privileged to convey to the Government and the people of India the heartfelt congratulations on behalf of the Japan-India Association which I represent.
I am pleased to note that the year 2010 witnessed the increasing weight of India, both political and economic, in the international society as well as the accelerated development of Japan-India bilateral relations in all its aspects.
I would like to stress that the visit of Prime Minister Dr. Manmohan Singh to Japan in October last year marked another memorable milestone by finalizing the agreement on the Comprehensive Economic Partnership between the two countries and issuing the “Joint Statement for Japan-India Strategic and Global Partnership in the Next Decade”.
On the bilateral front, I am happy to note that two symbolically important projects between our two countries, namely the constructions of the Delhi-Mumbai Dedicated Freight Corridor and the Delhi-Mumbai Industrial Corridor, have come into the implementation stage and four Japanese industries groups have started four projects to construct “smart communities” along the DMIC belt. India continues to be the largest Japanese ODA partner, and engages herself, in cooperation with Japan, in infrastructure building such as electricity and transportation system, poverty alleviation, environment projects ranging from reforestation to water supply and sewerage. Remarkable successes have been registered in the construction projects of urban Metro-systems in Bangalore, Chennai, Kolkata in addition to Delhi. To be noted also is the increase of Japanese direct investment to India which resulted, as of October 2010, in the presence of around 725 Japanese companies all over India.
An increasingly great number of Indian business people and their families visit and stay in Japan. Some Indian businesses have ventured into Marunouchi area, the very business center of Japan. There exist already several important clusters of Indian people in Japan in such places as Nishikasai in Eastern Tokyo in addition to Yokohama and Kobe. Indian restaurants are mushrooming in major cities in Japan. Our Association feels rewarded by helping the Indian community in Eastern Tokyo gain a new school compound for the Indian School of Koto-ku.
Cooperation in science and technology is gaining further momentum. Cultural exchanges between the two countries are expanding and deepening. The promised project to launch a new IIT in Hyderabad, Andhra Pradesh, is on-going. A big project to revival Naranda University, very famous religious and cultural center of the Buddhist world during the medieval period, is now under preparation.
In the international front, our two countries are jointly contributing to the global community by cooperating in many areas of global issues covering nuclear disarmament, non-proliferation of mass-destruction weapons, prevention of climate change, reform of the United Nation Security Council.
The Japan-India Association, with its glorious 108 years history, gained a new status of Public Interest Incorporated Foundation in October 2010, in accordance with the new laws and regulations, and is determined to deploy utmost effortsfor further betterment of our very important relationship.
On this auspicious occasion, let me pray that the already excellent Japan-India relationship benefit more our two peoples and that the two great nations contribute to the peace and prosperity of the international community at large.

このこのメッセージは1月26日付“ジャパンタイムズ” “デーリーヨミウリ” “アサヒシンブン”に掲載される予定です。