日印関係最新情報

第63回インド共和国独立記念日における森会長メッセージ

2010年8月16日掲載


Congratulatory Message for the 63rd Independence Day of India from Yoshiro Mori, Chairman of the Japan-India Association           August 15th, 2010
I feel very privileged to convey the warmest congratulations, on the occasion of the 63rd Independence Day of India, to the people and government of India on behalf of all the members of the Japan-India Association and on my behalf as its Chairman.
It is my great pleasure to note that the past year has witnessed an accelerated development of Japan-India relationship in all aspects. I would like to stress that our cordial relationships have been reinforced in the true spirit of “The Strategic Global Partnership between Japan and India.”
I am gratified to mention that, pushed by the stable and efficient government and an ever vibrant economy, the India’s presence and her importance, in international politics and economy, have increased tremendously under the far-sighted leadership of Dr. Manmohan Singh, the Prime Minister of India
In spite of the change of Prime Minister in Japan, from Mr. Yukio Hatoyama to Mr. Naoto Kan, we continue to enjoy our already excellent relations..
I am happy to note on the bilateral relations that two big projects between our two countries, namely the construction of the Delhi-Mumbai Dedicated Freight Corridor and the Delhi-Mumbai Industrial Corridor, have entered the stage of implementation and that other Japanese ODA projects in India, including urban Metro-system construction projects in Bangalore, Chennai, Kolkata in addition to Delhi, are all on the right truck. It is noted also that the increase of Japanese direct investment to India resulted, in 2009, in the presence of around 630 Japanese companies all over India.
I witnessed all these positive developments when I visited Japanese factories and Japanese business communities in Chennai and Delhi in early March this year.
It is expected also under the leaderships of Prime Ministers Mr. Naoto Kan and Dr. Manmohan Singh, the protracted negotiations for the conclusion of Japan-India Economic Partnership Agreement will be crowned with successful conclusion by the time of the visit of Dr. Manmohan Singh sometime later this year.
Since June this year, long-waited negotiations have finally started to conclude a bilateral agreement for cooperation on civil nuclear energy. The contribution of Japanese proven technology and equipment in this sector will be great and bring very positive results both in India’s economic growth and fight against global warming.
The number of Indian IT engineers and other business people who visit and stay in Japan have been increasing. They reside and constitute Indian communities in Japan in such places as Nishikasai in Eastern Tokyo in addition to Yokohama and Kobe. Indian restaurants are mushrooming in major cities in Japan.
It is also my pleasure to note that cooperation between Japan and India in the fields of science and technology is gaining further momentum. Cultural exchanges between the two countries are expanding and deepening. For instance, “Namaste India”, a big-scale cultural and popular event organized in Yoyogi Park, Tokyo, is expecting this year much more than 150,000 visitors which had enjoyed the event towards the end of September last year. The promised project to launch a new IIT in Hyderabad, Andhra Pradesh, is on-going with the assistance of Japan International Cooperation Agency and Japanese universities.
Our two countries, on the multilateral front, are destined to cooperate jointly to contribute to the global community for the solution of such global problems as nuclear disarmament, the non-proliferation of mass-destruction weapons, the prevention of climate change, the reform of the United Nation Security Council.
The Japan-India Association, with the history of 107 years since its establishment, renews its determination to make the utmost efforts for further betterment of our very important relationship.
On this auspicious occasion, let me pray that the excellent Japan-India relationship bring more happiness to our two peoples and that the two nations contribute to the peace and prosperity of the international community at large.


(和訳)
第63回インド共和国独立記念日における森会長メッセージ
第63回インド共和国独立記念日にあたり、インド国民並びにインド国政府に対して財団法人日印協会会長として、またすべての会員を代表して、心からお祝いの言葉を申し述べる機会を与えられましたことは、誠に光栄です。
大変喜ばしいことに、この1年間も近年、日印関係はがあらゆる分野において急速に発展しましたてきております。ことは、私の最も喜びとするところです。私は両国間の友好関係が“日印戦略的グローバル・パートナーシップ”の真の精神を体してという真摯な精神的な枠組みの下で、強化されて参りましたことを強調したいと思います。
安定的かつ効率的な政府と活気に満ちた経済に支えられて、国際政治・経済の分野におけるインドの存在と重要性がが、安定的かつ効率的な政府と活気に満ちた経済に支えられ、インド国首相であられるマンモハン・シン首相の将来を見通した卓越した指導力の下で、急速的に高まって発展を遂げて参りましたことは誠に喜ばしいことであります。日印関係におきましても、また同様に発展して参いりました。
わが国においては、鳩山由紀夫首相から菅直人首相への交代がありましたが、既に存在する極めて良好な日印友好関係は、将来においてもこれまで同様なんら変わることなく、私たちはこの良好な関係を引続き享受して参ります。
二国間関係におきましては、二大プロジェクトである『デリー・ムンバイ間インド貨物専用鉄道建設計画(DFC)』並びに『デリー・ムンバイ間産業大動脈構想(DMIC)』が計画の段階から実施の段階に入ったほか、デリーに加えてバンガロール、チェンナイ、コルカタの都市地下鉄建設プロジェクトを含む日本政府の対インド開発援助プロジェクトは、すべて順調に進展しております。
一方、2009年までに、のわが国の対インド全土への直接投資案件数は、約630件に達しました上りました。私は、本年3月初頭にチェンナイ及びデリーを訪問して日本企業の工場や邦人企業代表たちと接した際、これらの目覚しい発展振りを目の当たりにすることができました。
菅直人首相並びにマンモハン・シン首相の御ご指導の下で、長引いている日印経済連携協定の締結が、本年中に予想予定されているマンモハン・シン首相の来日までには成功裏に締結される実現することを期待しております。
長い間待ち望まれていた日印二国間の民生用民間原子力協力協定締結交渉が、本年6月から開始されました。既に証明されているこの分野におけるわが国の証明済みの技術と設備はが、インドの経済成長と地球温暖化防止に極めて大きく有効な結果をもたらすものです。
インドのIT技術者やその他のビジネスに従事するインドの方々の来日者数と本邦滞在者数は、ともに増加してきております。これらのインド人たちは、横浜、神戸に加えて、東京都東部に位置する西葛西などに在住してインド人コミュニティーを形成しております。インド料理店は、日本の主要都市ではひっきりなしに開店されております。
日印協力は、科学と技術の分野においてもますます勢いを得ておりますし、文化交流は広がりと深みを増しております。例えば、昨年9月末に、15万人以上の観客を動員して、代々木公園で開催された、抜群の人気を誇る大規模な文化行事である“ナマステ・インディア”は、本年はそれを大幅に上回る観客を動員するものとみられます。インドのハイデラバードで設立が予定されているインド工科大学IITは、日本国際協力機構とわが国の複数の大学との協力を得ての下で順調に推移しております。
日印両国は、核軍縮、大量破壊兵器不拡散、気候変動防止、国連安全保障理事会の改革等の多国間問題においても共同して問題の解決に当たり、世界に貢献するべく運命づけられておりますいたしたいと思います。

創立以来107年の歴史を有する財団法人日印協会は、重要な日印関係のさらなる発展のために、最大限の努力を払うことを改めて決意いたします。
この祝賀の機会にあたり、良好に推移している日印両国関係が両国国民に一層の幸せをもたらすとともに、両国が国際社会全体のにおいてあまねく平和と繁栄に貢献することを祈ってやみません。

この祝辞は、8月15日付け"The Japan Times"と"THE DAILY YOMIURI"に掲載されました。