Information

A musical video entitled "United We Fight" was released from Council For Cultural Relations​ (ICCR)

Posted May 15, 2020 NEW!


インド文化交流評議会(ICCR)は、インド全土の作曲家、ミュージシャン、歌手による自宅レコーディングを集結させた音楽作品「United We Fight」を発表します。[https://www.youtube.com/watch?v=xPzHPsJ5YJc]

Indian Council For Cultural Relations (ICCR) brings together composers, musicians and singers from across India, contributing recordings from their homes, in a beautiful musical creation *“United we Fight”.*

作詞・作曲はジョー・アルヴァレズ、ボーカルはウシャ・ウトゥプ、サリム・マーチャント、シェファリ・アルヴァレズ・ラシード、ベニー・ダヤル、ソナム・カルラ、チャンダン・バラ・カリヤン、ジョー・アルヴァレズ、サロメ&サミラ、音楽はタビー、パンディット・ラヴィ・チャリ、パンディット・ラケシュ・チョーラシア、ウスタード・ファイサル・クレシがそれぞれ担当。この曲はインド古典音楽と英語の歌詞を織り交ぜ、インド思想の「ヴァスダイヴァ・クトゥンバカム」(世界は一つの家族)の心を伝えるために作られました。世界が一つとなって、新型コロナウイルスCOVID 19と闘う中で、希望、喜び、忍耐、不屈の精神といったメッセージが込められています。

Written and composed by Joe Alvares, vocals by Usha Uthup, Salim Merchant, Shefali Alvares Rashid, Benny Dayal, Sonam Kalra, Chandan Bala Kalyan, Joe Alvares, Salome and Samira, and music by Tubby, Pandit Ravi Chari, Pandit Rakesh Chaurasiya and Ustad Faisal Qureshi, this song is a rendition weaving English lyrics into the notes and beats of Indian classical music, spreading the essence of Vasudhaiva Kutumbakam - the world is one family. It carries with it the message of hope, joy, resilience, fighting spirit and never say die attitude of all in our collective fight against COVID 19.

新型コロナウイルスは、国、カースト、社会的地位、人種、宗教、文化といった物理的・社会的境界線を越え、全人類に計り知れない影響を与え、世界を大きな危機に陥れました。しかし、私たちは共に立ち上がり、助け合い、知識を共有し、協力しながら、一丸となってコロナウイルスと闘っています。

This virus has had a huge impact on humanity cutting across all boundaries, physical and social, of nations, caste, class, colour, religion and belief systems bringing the world to its knees. But united we stand, steadfastly helping, assisting, sharing knowledge, cooperating and coordinating with each other, cutting across boundaries fighting as ONE force against the Corona virus.

この曲は、世界中で命を救うためにコロナウイルスと闘う人々への深い敬意と感謝の気持ちを表したものです。また、この未曽有の状況の中で、世界各国の文化を存続するために活動しているアーティストやパフォーマーの皆さんや、人知れず隣人や他人に助けの手を差し伸べている無数の人々に捧げます。ともに闘うことによって、コロナウイルスや、その他人類が直面している課題をきっと乗り越えられるであろうというメッセージを受け取って下さい。

This composition is an expression of our deep appreciation and gratitude to all brave COVID warriors world over risking their lives to protect ours. It is a homage to all the artists and performers who represent the cultural legacy of our countries and who contribute to keep our cultural heritage vibrant and alive, especially in these difficult times. It is a tribute to and recognition of the countless individuals who are silently helping neighbours, strangers and people around them in these times of distress. A message to the world that TOGETHER we shall surely win the fight against the Corona virus and many such challenges that humanity and the human race faces.


連帯のシンボルとしてロウソクを灯す人。現場でコロナウイルスと闘う人々を励ます人。困窮者に寄付する人。老人を支援する人。ボランティア活動に参加する人。どのような形であっても、この曲がコロナウイルスと闘い続ける世界中の人々を励ますことを願っています。

Light a candle, cheer the frontline workers, donate for the needy, spare time for the elderly, be available to volunteer; whichever way, we hope you enjoy this rendition and be inspired enough to continue this “united fight”.


インド国外務省はこの曲を全世界に捧げます。インド文化交流評議会(ICCR)はインド国外務省を母体とし、インドと諸外国間における国際理解と文化交流の促進を目的とする独立機関です。

This song is dedicated to the world by the Ministry of External Affairs, Government of India​ (MEA). ICCR is MEA’s autonomous organization mandated to build international understanding, develop closer cultural relations between India and other countries and project India’s soft power abroad.


https://www.youtube.com/watch?v=xPzHPsJ5YJc